記事一覧

出金のススメ

マーケットは少し反発したようですが、長期的には右肩下がりのトレンドですから、まだまだ下の覚悟は必要でしょうね。

上がる時も下がる時もそうですが、証券口座の資産評価額なんてほんとリアリティの低い資産に見えます。現預金とはまったく別の種類のものです。

そう思ってみると、やはり配当金っていうのは重要なんですよね。現金が手に入りますからね。これぞ本物の利益。利益確定した証券口座のキャッシュポジションなんて将来が不安定過ぎて(笑、本物の利益とは言えません。

ですから、配当金を再投資していくっていうのは、せっかくのリアルな利益をまた不確定なものにしてしまうのでやめたほうがいいように思います。配当はどんどん使うか、定期預金にでもしていけば、株で現実的に儲けてるなあってことになると思います。

株は、どれだけ現実利益を増やせるかっていうのが重要なんだと思います。資産評価額が増えるとどうしても欲の皮が突っ張って、さらに増やそうとしますが、こういったときにどれだけ出金して現金を手にすることができるかっていうのがポイントで、キャッシュポジションにしておくっていうのではダメなんですね。証券口座に置いてあるうちは架空利益みたいなもんです。

実際、配当金や証券口座から出金した現金を何か生活していく上で必要なことに消費すると、その後ずっといつまでも、株をやってて良かったと思えますもんね。精神的に非常にプラスになります。

複利の魔法が通用する投資家というのは限られていて、当然長期的にプラスを維持できるひとに対して有効なわけで、圧倒的多数の市場平均もしくはそれ以下のパフォーマンスの投資家にとっては、長期的にマーケットが右肩上がりでなければその魔法は成り立たないのです。

まあでも、せっかく株をやるなら大きなキャピタルゲインを狙わないと意味がないというか面白くないですよね。

すごく慎重な投資家さんを見てると、結局彼らのパフォーマンスって良くて市場平均程度で、だったらそんなリスク取らなくても定期預金にでも預けておいたほうがいいように思います。

いくら資産評価額が増えても、株はゲームだという感覚で続けていけるための自分自身の環境を整えないと、勝負できない世界なんだと思います。

明日、株の資産がゼロになっても自分は大丈夫か?という問に耐えられるだけの心構えが常に必要であると考えています。


スポンサーサイト



コメント

No title

ゼロは、耐えられないですね~
しかし、もう半分、くやし~です。

No title

harryさん

まあ、現物だけならなかなかゼロにはならないですよね(笑。信用やりすぎるとマイナスも有り得ますけど。

半分ですか。くやしいですね。50%のマイナスを取り返そうとすると100%のプラスがいりますからなかなか大変ですね。

No title

立川でーす。
私も配当は思いっきり使って利益を実感し、翌年に向けて士気を高める方でした。最近は配当の半分くらいは米国株の購入にあてていますが、配当を使う時に株式投資の優位性を実感します。預貯金の利息では何も購入できませんから。

No title

立川さん

立川さんのように配当収入を投資の中心に考えている方は、その配当の再投資は理にかなってると思います。

立川さんの投資スタンスは投資家としてあるべき理想に近いと思っていますが、あと一点、近い将来是非、結婚して家庭を持っていただきたいと思っております(笑。

お金で買えない価値の最高のものを感じることができると思いますよ^^。

No title

立川ですー
大丈夫です!私は結婚する気満々ですから!
投資の成果は是非ともパートナーと分かち合いたいものですね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magic

Author:magic
兼業投資家の magic と申します。
Yahooブログからこちらへ引っ越してきました。

2002年から始めた戦略的バリュー投資で経済的自由を得て、今は仕事量を減らして休日を増やし、自分流のセミリタイヤ生活に入っています。

月別アーカイブ

access counter